京都の雑貨屋が集まる藤森寮で伝統工芸『一閑張り』を体験

一閑張り体験

「一閑張り」という伝統工芸をご存知だろうか。

これは、僕が一閑張りの技法を一部取り入れて、つくりあげたものである。

一閑張り1

裏地にクレヨンが塗ってあって、日中の明かりでも、窓辺においておけば、その鮮やかな色彩を楽しむことができる。

一閑張り2

この「一閑張り」の伝統工芸は、そもそも江戸時代に、明の学者である飛来一閑(ひらいいっかん)によってもたらされた、和紙を使った伝統技法である。

使用する材料は、主に以下の三つになる。

①手すきの和紙
②小麦粉からできた生麩糊(しょうふのり)
③渋柿からつくった天然の塗料である柿渋(かきしぶ)

柿渋(かきしぶ)は、その成分の特徴として

①防水
②防腐
③防虫

という効果を期待でき、なおかつ使用する糊(のり)にしても、天然の成分なので

④アレルギーの心配がない

という良さがあるという。

一閑張りとの出会い

京都の大徳寺近くに、藤森寮という寮がある。

雑貨屋や工芸品などの店が集まる空間であるが、そのなかのひとつ『夢一人』で学び、つくらせていただいたものである。

『夢一人』は、一閑張りの体験教室もかねそなえたアトリエとなっている。

僕はここで一閑張教室をうけさせていただいて、先生の指導のもと、あの作品を完成させた。

そもそも一閑張の特性として

①『紙を丈夫に固める』

②『紙を張り合わせ、傷ついた箇所を修復する』

というものがあるので、その応用範囲は実に広い。

テレビ番組『ザ!鉄腕!DASH!!』でも放送があったが、一閑張の技法で、自転車まで作ってしまえたり、紙だけで釘をつくってしまえるほど、丈夫になりえる。

昔はそれだけで、カラクリ人形までも、つくってしまう人がいたという。

ここの先生はとても素敵な女性の方でいつもニコニコと、楽しんでおられる雰囲気が伝わってきて、とても居心地がよい。

とくに用事がなくても、京都に立ち寄った際は、ふらりと寄り道したくなるぐらい、ゆるやかであたたかい時間が、そこには流れているのである。

作品をつくる教室をうけた第一回の時は、まずは、どういったものをつくりたいか、ということを考えさせられた。

これをつくる、というように、特に決まったものがないのである。

先生は、一閑張りを日本にもたらした飛来一閑(ひらいいっかん)から派生する、正当なる技法の継承者という立場におられる。

その精神として、おそらく受け継いでおられるのであろう。

ひとつの作品のあり方にとらわれず、その時代時代に則したものを作っていけばいいという、遊び心とでもいうべきものを感じた。

その時僕は、ランプシェードを作ってみたかったので、地元滋賀県の野洲川の川べりで見つけた、すっかり枯れて倒れてしまっている竹を枠に使おうと思った。

なんかええもん

それから当時は、名嘉睦稔(なかぼくねん)という、沖縄出身の版画家の存在を知りはじめた頃のことだった。

彼も、あの棟方志功(むなかたしこう)も取り入れていたという、裏手彩色木版画(うらてさいしきもくはんが)と言う技法にも興味があったので、自分の好きなクレヨン画でそれをできないかとも思った。

版画といえば、小学生の頃に図画工作の授業で彫ったぐらいだったのだが、ともかく彫ってみると、ずいぶんと見栄えよくできたので、それを貼り付け、裏地にクレヨンをぬったというのが、この作品の生まれたいきさつである。

版木をつくっていて思ったことであるが、彫っている時間がとても心地よく、これは面白いかもしれない、と感じた。

それ以降、友達の講演会に協力して、集まって来られた方にわたすお礼の手紙を版画で彫ったりした。

01 Happy Time Lag☆

さらに、それがご縁となり、会社からお礼状の仕事の依頼が舞い込んできたりと、非常に楽しい経験をさせてもらった。

町に美しいものを広めてゆくということは、道行く人々に心のゆとりをとりもどし、イライラを減少させ、犯罪や自殺を減らしてゆくことができる。

アートにはそんな強い力があると僕は信じている。

戦後、アメリカから持ち込まれてきたスラム文化によって、すっかり荒廃したかに見えた『アートという心の栄養素』が、昨今の雑貨ブームなどに見られるように、ふたたび必要とされる時代の流れの最中に、今いるように思うのだ。

心をあったかくさせるもの、ほっとさせる絵やデザインといった『必要無駄』が、この時代において、再び盛り返そうとしているのを感じる。

サブコンテンツ